Eco & Science

食品に残留する農薬、動物用医薬品及び飼料添加物に関し、食品衛生法に基づいたポジティブリスト制度が2006年5月29日より施行されました。弊社ではポジティブリスト制度に対応した標準品、一斉試験法に対応したGC/MS用農薬混合標準液、LC/MS用農薬混合標準液、個別試験法に対応したGC用農薬混合標準液、LC用農薬混合標準液、食品分析用混合標準液を新たにラインナップ致しました。

食品・環境分析用標準品

新 鮮

環境、食品の分野において農薬分析のニーズは年々増加しております。食品衛生法の改正にともない、平成18年5月29日よりポジティブリスト制度が施行され、約800種類の農薬類について分析方法が検討されています。また、水道法の改正や残留農薬基準など環境に関わる対象農薬、分析方法も日々見直されている状況です。弊社では、各法規に対応した標準品及び農薬混合標準液などの新規導入、開発に力を注ぎ、ニーズに合った製品をご用意しています。農薬分析で同時にモニターされる「農薬代謝物」や、GC/MS、LC/MS分析の内部標準物質として使用される「農薬重水素化合物標準品」のリーフレットを取り揃えております。

※注意、お手元にパンフレットが無いお客様は、ご請求ください。

水質試験用試薬

サンプル

2004年4月より水道水質基準が改正され、新たな項目が追加されると共に試験方法なども一部改訂されました。弊社では本法に対応した標準品、標準液、試薬等をラインナップしております。「水質試験用試薬 -2004年 新水道法対応-」 総合カタログをご用意していますので、ご請求ください。

認証標準物質(NMIJ CRM)

「NMIJ CRM」は独立行政法人 産業技術総合研究所・計量標準総合センター(AIST・NMIJ)で生産された認証標準物質です。 弊社では、これら標準物質を産業技術総合研究所よりNMIJ CRMの頒布業務を受託し、頒布しています。

ページトップへ
Copyright (C) KKMIKAMI 2008 All Rights Reserved.
ホームページ制作 ホームページ素材 無料テンプレート